問題

どのような場面で?

新しい識別技術は、単純な識別技術だけではなく、生活の各分野に広く使われている。ハイエンド電子機器、医薬品、日化用品、自動車部品、食品タバコ酒、供給チェーン管理と融資、製品マーケティング、ユーザーポイント管理、証明書などの各分野に適用する。製品の追跡は製品の唯一の性を識別することができて、生産、流通、販売は最終的にユーザーの手の中のすべての情報に至るまで獲得することができます。

既存技術との比較

ee
脆弱性
コスト
UX(ユーザー体験)
その他
No Fake Today
カスタマイズされた高性能のブロックチェーン上にトップレベルのアルゴリズム。量子コンピューター以外では破ることができない
どんなプリンターでも印刷できるQRコードなので、極めて安い。
カスタマイズされたEコマース取引ブロックチェーンプロトコルを使用するため高速である。
既に商品を持っており、いつでもアクセス可能である。すべての商品に対応できるユニバーサルプラットフォーム。第三者に依存しない(NFTを含む)。トークンが多く分配されている。サプライチェーン管理やマイクロファイナンス、Eコマース取引の新たな潜在的可能性をもつ。
ブロックチェーン
10年の実績があるこの技術は、商品追跡が可能であり、信頼性を高めることができるが、追跡情報は簡単に複製できてしまう。
取引手数料が高い(特にICOの時期)
レイテンシが高く、混雑時には不安定である。
実際の商品がなく、概念上だけである。パブリックチェーン上では違法行為を防止することができない。機密情報が第三者にも公開されてしまう。
RFID チップ
44年の実績のある技術。チップフリークエンシーは複製可能。
取引ごとに2~25米ドルと高額
iPhoneがサポートしていない専用ソフトウェア。グローバルスタンダードはない。
グローバルスタンダードがない特別なソフトウェア(iPhoneはサポート対象外)。腫瘍等の健康や環境に対する懸念。
QRコード
誰でも複製できるコード
専用システムを構築・維持を要するため高額
顧客は、特別な知識やツールを備える必要がある
相互作用的で平等なエコシステムを構築することができない
偽造防止印刷
偽造商品生産者も同じ技術を用いることができ、違法な生産者へも公開されているため、簡単にコピーすることが可能である。
設備と材料が高い。セキュリティタグは最安でも10セント(米ドル)のコストがかかる。
顧客は、特別な知識やツールを備える必要がある
有毒性のある材料を一部使用(特殊なインク、プラスチック、銅、亜鉛等)
パッケージデザイン
脆弱性が最も高い
高い
信用度が低い
追加コスト(デザイナー、梱包、パテント費用等)がかかる

ブロックチェーン分散型台帳

混合チェーンのノードは、メーカー、物流業者、卸業者、小売業者、銀行、金融機関、品質検査機関、税関など信頼にたる機関によって提供可能

メーカーを中心に、上流と下流のトラッキング情報形成システム

チーム

Team Background

パートナー企業および顧客企業

EMURGO IRS InnoHub Latipay 申通快递 中通快递 杭州银帆环境科技有限公司 怡海教育 丹露E-commerce 青海恩露生物科技有限公司
ECPlaza 丽水山耕 キッチン 農業 ClouDigi 1Plas SMARTAHC 23Seed Capital ZAP Delivery 遵义市恒美印刷有限公司 Aladdin Street
RMG

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。 また、ソリューションの無料デモンストレーションを行い、製品のアプリケーションについて議論することも大変うれしく思います。